pickup1104

2021年11月4日(木)
『原始神母 〜PINK FLOYD TRIPS〜2021秋 “おせっかい/ Meddle” 〜50years anniversary tour〜』
出演/
原始神母

開場18:30 開演19:00
前売券4000円(税込)
プレイガイド/8月29日(日)より原始神母メール受付
①お名前 ②ライブ当日、連絡可能な携帯番号 ③公演会場(長野 or 名古屋) ④枚数 ⑤メールアドレス
をご記入の上、genshishinbo1971@gmail.comまでお申し込みください。
お問い合わせ/長野ライブハウスJ 026-225-6068

コロナの影響で、去年やる予定だったブラスセクションとコーラス隊、チェロを交えての「Atom Heart Mother」50周年の再現ライヴを半年遅れで4月に行いましたが、50年前のピンク・フロイドは旺盛な活動期のど真ん中で、うかうかしているうちに秋にはもう「おせっかい」リリース50周年になってしまいます。

「おせっかい」メインの曲「Echoes」は初期フロイドの総集編的楽曲であり、一般人でも理解できる良い楽曲、メロディーに+前衛性やグルーヴ感なども加わり、その後のメジャーなスケール感を持ったフロイドの方向性を見出した曲だと思います。「Nothing~」の様々な実験的録音によって見つけた新たな音の表現などが結集した曲という事ですが、個人的には箱根アフロディーテなどで、「Atom Heart Mother」を4人で演奏しているうちにメンバーだけでも大曲をやるのが可能である、やってみようというのもあったのではないかと思います。
アルバムには他にも代表曲である「One of these days」や、犬が ブルースを歌う?「シーマスのブルース」などフロイドの代表作の1枚です。

というわけで、今年の原始神母は残念ながら、企画していた、箱根アフロディーテ・トリビュートライヴはできませんでしたが、 11月秋に「おせっかい」をフィーチャーした長野、名古屋、神戸のツアーをやることにしました。
なかなかハードルの高い楽曲が揃っていて、「シーマス」はどうなるのかとか、まだちゃんとは決まってはいませんが、またまた全曲再現したいと 思っています。それに加えて春に演奏した「Atom Heart Mother」フルバージョンもメンバー8人+?でやる予定です。
やる方も楽しみです!

乞うご期待!という事で、秋に各会場でお会いしましょう!

木暮“shake”武彦

 758 total views,  1 views today